テルミン達
CONTENTS
TOP
 About Yoko Onishi
About Theremin ▼
演奏予定・記録
CD・DVD
委嘱作品
詩と物語 ▼
ちらし・ポスター
記録写真等 ▼
 
お問い合わせ
お仕事依頼
メール
しりとり(休業中)
 
SNS・ブログ
mixi
Facebook
Youtube
goo ブログ
 
ユニット
ぷらイム(Prhymx)
otoyomi(外部リンク)
THERTOPIA(テルトピア)
 
No War
 
キャベツのお城誕生秘話
 
仏教のお勉強 ▼


  大西ようこプロフィール


テルミン,大西ようこ 神奈川県逗子生まれ。お茶の水女子大学・東京大学大学院で物理学を学び、後にテルミンと出会い、テルミン奏者となる。やの雪氏・竹内正実氏に師事。ソロやデュオで活動の他、やの雪氏率いるテルミンオーケストラに参加。演奏技術の習得が極めて困難な為、世界で一番最初に作られた電子楽器でありながら、歴史の波に埋もれてしまっていた幻の楽器、テルミンを操る。

テルミンという楽器が世に出て以来、効果音的な使い方しか知らない方の多い社会にあって、きちんと音楽も演奏できるテルミンという楽器の魅力を伝えるべく、日本全国で演奏活動を展開中。

身体表現としてのテルミン演奏に早くから強い関心を持ち、日本で初めてYouTubeにテルミンの演奏動画を載せた。

2008年には、日本を代表するテルミニストとして学研『大人の科学』から発売された「テルミンmini」の演奏動画が学研のサイトで紹介され、ギターとテルミンとのアンサンブルを高く評価される。2010年8月には原美術館『BLANK MUSEUM』で行われた飴屋法水による音のインスタレーションパフォーマンス『馬』に参加、テルミンを奏でる。2013年鎌倉の建長寺にて、また、2015年の『今井重幸追悼公演』にて、大野慶人の舞踏とコラボレーションを行う。2016年には、クラシックタイプのテルミンSeries91A、2台による演奏会を行う(世界初)

実相寺昭雄監督の遺作となった『シルバー假面』のサントラや、テレビアニメの効果音でもテルミンを奏でている(『妖逆門』(テレビ東京)『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系)『AKIBA'S TIP』(TOKYO MX・BSフジ他)等)

最近では、現代作曲家にテルミンの為の作品を積極的に委嘱し、テルミンの楽器としての地位確立にも貢献している。

2010年1月発売のPrhymx 3rd Album 『燦々・碧』(8種類9台のテルミンを用いて制作)では平成22年度(第65回)文化庁芸術祭に参加、等、テルミンによる文化的貢献を行う。2015年には、上海音楽学園にてテルミンの講義と演奏を行う。2017年、ThereminTimesでは、日本を代表するテルミニスト6人の一人に選ばれて紹介され、また、パリ、エクサンプロバンスで演奏。

2004年真言宗高野山にて出家得度。2011年の東日本大震災の後では、度々東北に足を運び、テルミンの音色を届けている。
 


  さて、テルミンとは

テルミンは、1920年、ロシアの物理学者レフ・セルゲイヴィチ・テルミン博士によって発明された世界最古の電子楽器です。テルミンの大きな魅力の一つに、楽器に触れずに演奏する、という演奏スタイルがあります。物理的なガイドによるものは何もなく、演奏者は単なる箱(と見えるもの)に手をかざして音曲を奏でます。空間の動きだけでサウンドを紡ぎ出す姿は、しばしば、舞踊の様だという感想を持つ方もいらっしゃいます。この、ガイドのない空中で音感を頼りに音を紡ぎ出すという演奏技術の習得が極めて困難な為、世界で一番最初に作られた電子楽器でありながら、歴史の波に埋もれてしまっていた幻の楽器、それがテルミンです。

テルミン,大西ようこテルミン,大西ようこテルミン,大西ようこ

左右がテルミン・プロ。中央の画像が91Aテルミン。

2010年ご縁あって我が家に来てくれて、それ以来、演奏会で使用している91Aテルミンは、テルミン史上最大の名機と呼ばれているコンサートタイプの機種ですが、既に製造中止となっていて、滅多に手に入らない貴重なテルミンです。楽器としてのテルミンの魅力を最大限に引き出すのには、この91Aテルミンの力を借りるのが一番早道だと、わたしは思います。91Aテルミンを弾く様になってから、作曲家の先生方にテルミンの為の曲を委嘱して作っていただく様になりました。そして、今なお、新たなテルミンの魅力を、日々模索中です。

もっと詳しくテルミンについて知りたい方は、左のメニューから「About Theremin」のページをご覧ください。
About Theremin
 
 


  テルミンについてちょっと語ります!

鍵盤状の物がないという点は演奏技術の難しさにつながりますが、無段階のポルタメントを曲の中で効果的に使う事ができ、五線に表せない音によって作られる印象的な音世界、あるいは浮遊感のあるその音は、白黒をはっきりさせない日本の和の文化と、とても相性が良い、とわたしは思っています。 特筆すべきは、ロシアで生まれた楽器であり、今通常手に入るテルミンを作っているのはアメリカのモーグ社である。。。。にも関わらず、世界で一番テルミンの盛んな国、テルミン人口の多い国は日本である、という事です(盛んとは言っても微々たる人数でありますが!) 内省的な演奏スタイルが日本人の精神性にマッチする事も、その一因である。。。とも思っております。 わたし自身で言えば、日本人である事と、テルミンを弾いている事は、とても近い所にあります。これはちょっと説明が難しいのですが、たとえば、座禅している時とか、何かに祈っている時、内側に向いて、それがそのまま、広い宇宙につながっていく様な、そんな感覚が、テルミンを弾いている時の感覚と、とてもよく似ています。 

一方、テルミンという楽器は、非常に原始的な回路で、動作は常に不安定、そばに動くものがあると反応してしまいますし、つまり、極めて外界の影響を受けやすい楽器です。どの位離れていれば大丈夫か、と言いますと、厳密に言うと、これは、どこまで離れていても影響するんです。演奏には支障のない程度に影響は薄まっていきますけれども。今の世界によって作られる磁場が、この様なものであって、そして、作られている音。 たとえば、南極でペンギンがくしゃみしても、それが音に何らかの影響を与えます。

そんな事を考えると、遠い空間的距離、あるいは、時間的距離までも含めて、全ての物の上に成り立っている音、という事を、とても考えます。

音楽は魂の出口だと、わたしは思います。願いがあって音楽が生まれ、祈る心があって音楽に命がこもるのだ、と。音楽を奏でる事、あるいは聴く事は、心の中の想いと大事な思い出につながる最も良い方法のひとつです。自分の中の、一番美しい部分、一番やさしい心、一番善なるもの、自分はこういう人間だったんじゃないか、世界はこんなにも美しいものだったではないか、そんな事を思い出してもらえる様な、そんな触媒となれる様な世界を作りたい、と願います。

帰り道 一輪の花にも ありがとう を言いたくなる。

そんな演奏会ができます様に。
 
 


  所属ユニットと、得意なレパートリーと、似合う演奏場所


 

ぷらイム(Prhymx) 三谷郁夫[ギター&歌]
大西ようこ[テルミン]

 ・FaceBookページ http://www.facebook.com/Prhymx
 ・MIXIコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=4501926

 
 
インスト物
『アヴェ・マリア(伝カッチーニ)』 『グリーンスリーブス』 『白鳥』 『G線上のアリア』
 
歌物
『さとうきび畑』 『茉莉花』 『星に願いを』 『砂山』 『浜辺の歌』 『里の秋』
 
オリジナル作品
『ふるさと世界一周』 『白鳥と踊り明かそう』 『光ノ舞』 『48年目の愛の挨拶』 『それでも地球は回る』
 
その他、テルミン、歌、ギターを生かした創作作品を多く作っています。どれも思いの沢山詰まった長い物語なので、お仕事依頼向きではありませんが、好きな世界なので作品名を挙げておきます。ぷらイムのサイトで、一部、記録映像をご覧いただけます。
 
『こきりこ変奏曲』 『竹取物語』 『グリーンスリーブス変奏曲』 『プルーストに寄せた心象』 『ひとつ版さとうきび畑』 『赤い靴』 『昨日のG線上ワールド』
 

 
《 神社・仏閣・美術館・茶席・ホール・企業・プラネタリウム・ディナーショー・パーティー・テルミンレクチャーコンサート 》
 
ライブ映像
 
 
 

 

otoyomi
otoyomi.web.fc2.com/index.html (外部サイト)
宝木美穂[歌&朗読]
今井万里子[マリンバ・パーカッション]
大西ようこ[テルミン]

2011年結成。女子ユニットならではの華やかさとパワーで、楽しい、そして切ない、音楽朗読劇を上演。
 
日本の名作シリーズ
『よだかの星』 『夢十夜』 『蜘蛛の糸』
 
絵本物
『ティロティロとポポの朝のおはなし』 『ミーちゃんですヨ!』 『おばけぼうや』 『ととんととん』
 
朗読物
『わたしが一番綺麗だった時』 『私と小鳥と鈴と』 『母』 『宇宙の約束』
 
歌物
『いつも何度でも』 『ねがいごと』 『ほほえみのわけ』 『prayer』 『歌が生まれてる』 『満天の星』 『あなたをおもう』
 
お子様向け
『アンパンマン』 『まるものおきて』等々
 

 
《 イヴェント・学校・施設・お祭り・パーティー・アミューズメントパーク・プラネタリウム 》
 
ライブ映像
 

 

テルトピア(THERTOPIA) 松田充博[テルミン](テルミン e-winds)
田中裕之[ピアノ]
大西ようこ[テルミン](テルミンプロ moog)

2012年結成。輪郭の曖昧なテルミンと、カチッときらきらキュービズムなピアノとで、ゆるやかに湾曲する独特の世界を作り上げる。
 
トリオ
『黒いオルフェ』 『モア』 『猫の二重唱』 『月光』 『エストレジータ』
 
テルミンデュオ
『草原情歌』 『陽関三畳』
 
常に常に機材的に進化し続け、エフェクタを使っていろんな音を作ります。
 

 
《 ライブカフェ・まったりパーティー 》
 
ライブ映像

 

テルミンソロ(アカペラ) 大西ようこ[テルミン]

日本の曲
『越天楽』 『さくらさくら』 『海ゆかば』 『夕焼け小焼け』 『ふるさと』 『砂山』 『浜辺の歌』 『月の沙漠』 『浜千鳥』 『宵待草』 『赤とんぼ』 『春よ来い』 『かごめかごめ』
こんな類の曲なら、何でも好きです!
 
ケルト他民謡
『スウォ・ガン』 『静かにモイル』 『マハラリの花』 『天使のパン』 『グリーンスリーブス』
 
賛美歌
『アメイジンググレイス』 『真白き富士の根』 『キリエ』 『星巡りの歌』 『2番みもたまも』 『320番』 『73番』 『94番』その他その他
 
中国の曲
『陽関三畳』 『冬の河』 『睡蓮』
 
その他
『プロムナード』 『フィンランディア讃歌』 『イタリアーナ』 『亡き王女のためのパヴァーヌ』 『ハバネラ 』『スカボロウフェア』
 

 
《 鎮魂 》
 
ライブ映像
 

 

その他、ハープ、オカリナ、笙、波紋音、シタール、のこぎり、ハンマードダルシマー、ピアノその他その他。 と共演でのお仕事も承ります。

出演料は、ご相談ください。

暇な時、面白そうな仕事の場合、意義ある活動であると漠然と思った時、俄然、敷居が低くなります。
ただし、楽器の特性上、運搬費・機材使用料が多少かかります事をご了承ください。
 

その他の楽器とのライブ映像

オカリナ [ 君塚 仁子 ]

波紋音 [ 永田 砂知子 ]

ハープ

ディジュリドゥ [ 杵淵三朗 ]

[ 中村華子 ]

 
 


 
 
 
 

お仕事依頼・質問・苦情等々はこちらへ

 thereminアトマークgakushikai.jp


 
 
 
 
Copyright(C) Yoko Onishi : http://theremin.blue.coocan.jp/  All rights reserved